top of page

Plant Mounting Board & Planters

製品の特色

環境に優しい素材

炭素の固定(二酸化炭素回収、貯留)は大気圏外の「炭素プールの炭素含有量」を増やす手段で、大気中の炭素分子を捕捉し、安定した炭素の貯蔵庫に変え、これによって炭素排出と大気中の炭素含有量を減少させ、地球温暖化の速度を低減させることを目指します。Kikō は「現地調達、現地製造、低炭素の産業リンケージ」を堅持し、全製品が食品グレードの原料で製造されており、廃棄後は分解または再利用が可能で、生態系に負担をかけません。さらに、植物の成長に役に立つ肥料としても利用できます。これは消費者が安心して選べる、環境にやさしい材料です。

炭素固定

気候変動と地球温暖化の影響のもと、二酸化炭素排出量を減ることと炭素を固まることが注目されています。議論の余地がある解決策は多岐にわたり。その中で、竹の利用は各分野で減少と炭素の固定に関するホットなトピックです。市販の竹繊維の製品は生物分解の可能性を追求します。しかし、生物分解には特定の温度や湿度などの条件が必要であり、生物分解が日常生活で必ずしも達成されるわけではありません。

それで、Kikōのチームが提供する製品の環境保護の方法は、「炭素の固定」に焦点を当てています。 

低炭素サプライチェーン

特殊なコンポジットバインディングフォーミュラ

In that we emphasis on a low carbon footprint, carbon fixation, and eco-friendliness, Kiko- actively seek bamboo resources from suppliers with the closest geographical proximity. We collaborating directly with bamboo farmers from within a perimeter of 30 kilometers. This approach aims to minimize the carbon footprint generated during transportation and foster cross-industry collaboration to create a low-carbon industry chain in Taiwan.

台湾の竹材は通常牡蠣の架け枠や農業用途に使われていますが、その製造過程のうちに大量の廃棄竹材が発生し、清掃および処理業者は主に焼却処理を行っています(それで、二酸化炭素排出を増加させます)。また、竹産業は衰退傾向にあり、山岳地域の竹林は荒れがちになっています(老化した竹材の炭素固定能力が低下し、適切な伐採が必要です)。これは非常にもったいない状況です。Kikōの研究チームは、この状況を逆転させるために、台湾の西南部で豊富に産する莿竹(しちく)を製品の原料として使用し、台湾の竹材利用率を増えることを目指しています。これにより、竹産業が活発になるだけでなく、竹林の再生も促進されます。

オンラインで購入するにはどこで買えますか?

bottom of page